忍者ブログ
日々あったことを徒然なるままに
 駅でワンピース最新刊がクリスマスケーキのごとくテーブル出して売られていてびっくりだ……

さて、今回読んだのは『黒猫・アッシャー家の崩壊』有名なアッシャー家の崩壊が読んでみたくて買ってみた。ゴシック調の短編6偏。黒猫とウィリアム・ウィルソンは光文社の方で読んだけどこっちでも再読。

そういえば、光文社の方はキャッチコピーが『今息をしている言葉で、もう一度古典を』つまり、もっと簡単な訳で気軽に古典を楽しんでその良さを再認識しようZE!という事らしい。で、今回読んだのはお堅い新潮社。せっかくなので『ウィリアム・ウィルソン』の最初と最後を抜き出して対比してみた。(確か、こういう用途での一部引用はゆるされてたはず)

●光文社
『ここで私はウィリアム・ウィルソンと名乗る。わざわざ本名を書きつけても、用紙の染みにしかなるまい。さんざん侮蔑されてきた名前である。わが一族にはおぞましい限りだった。風さえも怒気をはらみ、この空前の汚名を世界の隅々にまで運んだのではなかったか。もはや身の置き所はなくなった。』

『さあ、おまえの勝ちだ。おれは負ける。だが、これからは、おまえも死んでいると思うがいい。この世にも、天界にも、希望にも、無縁になったと思え。おれがいたから、おまえも生きた。おれが死ぬところを、ようくみておけ。この姿でわかるだろう。これがおまえだ。どれだけ己を滅ぼしてしまったか知るがいい』



●新潮社(平成二十一年四月一日発行)
『私の名前は、さしあたりウィリアム・ウィルソンとしておこう。目の前の白い原稿用紙に、わが本名という汚点を書き付けなくてすむ。その名はもうさんざん、わが一族の面汚しとして疎ましがられ、忌み嫌われてきた。地球上いかに最果ての地といえども、これほどに惨憺たるかたちで社会から見捨てられた者もいまい。』

『お前の勝ちだな、そして俺は負けた。しかし本日ただいまより、おまえもまた死ぬんだ――世間に対しても、天国や希望に対しても、もはやいっさい無縁だ! けっきょくおまえはおれがいるからこそ存在したんだよ――だからおれが死ぬときには、ほらこのそっくりなすがたを見ればわかるだろう、おまえは自分で自分自身をすっぱり抹殺してしまったということさ!』

だいぶ違うな~!! たしかに光文社の方がわかりやすい。

以下グダグダな感想文
『落とし穴と振り子』がおもしろかった! 荒木さん(JOJO描いた人ね)の『死刑執行中脱獄進行中』を思い出した。

光文社でウィリアム・ウィルソンの鍵がおかしいってあったけど…… 玄関みたいに外からも開閉できる鍵じゃないの? あるいは鍵穴を直で壊そうとしたとか。


拍手[0回]

PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 HOME | 241  240  239  238  237  236  235  234  233  232  231 
Admin / Write
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
フリーエリア
三塚章の最近読んだ本
フリーエリア

最近の投稿(イラスト)
powered by ピアプロ
フリーエリア
blogram投票ボタン
最新コメント
[10/17 遠藤敬之]
[10/17 三塚章]
[10/17 遠藤敬之]
[04/05 かぼんぬ]
[01/03 hime]
バーコード
最新トラックバック
プロフィール
HN:
三塚章
性別:
非公開
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]