忍者ブログ
日々あったことを徒然なるままに
はい、忘れたころにやってくる読書メモのお時間ですよ。
今回読んだのは『怪奇大作戦 ミステリー・ファイル』小林 弘利(角川文庫)

ああ、そういえば昔BSでやってたっけ。昔のリメイク作品? この古臭いタイトルから漂うB級感がたまらない。こういうのってネタが「おい!」ってつっこみ入れたくなるんだよね~って大して期待しないで読んでいったんですが。不覚にもしんみりした。
いや、ネタとしては荒唐無稽なんですよ。(ネタバレのため『』反転)『UFOに乗った冬虫夏草』とか『蟻を使って男子殲滅作戦』とか。しかしさほど不自然に思えないし犯人に対して若干のカタルシスまで感じてしまうのは筆者の筆力ゆえ。がんがんキャラの感情書きこめるのは小説の特権ですよ。この人の文体好きだわ。他の作品も読みたい。
しかし最後がな~事件の『犯人も動機も分からないまま終わる』って……まあ、主人公の牧さんの心情を主題にしてるから、さほど重要じゃないのかも知れないけど……
以下グダグダ文。
●ていうか牧が唱える口裂け女や通りゃんせの説。オカルト好きだけど知らなかった。おもしろい
●え? かまいたちの原因が真空って、もう訂正されてたの?
●なんかこれの別シーズンのを一話だけ見た気がする。
●中古で買ったけどツボッたから新品で買いなおしたろうか……

拍手[0回]

PR
続くに書評ですよっと。グリム童話―メルヘンの深層 (講談社現代新書) 鈴木晶

拍手[0回]

死せる者の書 タニス・リ― 創元推理文庫
 架空の都、パラディンの墓地。そこにある墓石の主がなぜ死んだかを紐解く物語。
ある意味登場人物全員死亡オチ。タニス・リーの短編ということで『闇の公子』みたいな構成の妙を期待してたんだけど、そんなのなかったぜ。
 なんだろうなあ、ストーリー自体を冷静に見てみると大したことは書いていないのだけれど、それなりに読める。そして妙に現実的な世界にひょっこり魔法が入り込んでもさほど違和感ない。それもこれもどっか耽美な文体のおかげか? (ただ、ちょっとくどくどしくて読み飛ばしたくなる所が何ヵ所か)
 それにしても、この本は『死せる者の書』『狂える者の書』『幻獣の書』『堕ちたる者の書』の四部作とか。他買おうかどうか迷い中。
というか『惑乱の公子』復刊してくれ早川……

拍手[0回]


今回の読書メモ。(もう書評と主張するのは諦めた)
真珠朗 横溝正史 扶桑社文庫
『』内アマゾンの商品説明より抜粋
『私、椎名耕助は、大学の同僚・乙骨三四郎とともに避暑を兼ねて信州へ旅行することになった。だが、N湖畔に立つ鵜藤家の一室を借りた私たちが、そこで恐るべき殺人事件に巻き込まれることになろうとは!』
一応ネタバレ防止のために続くに収納

拍手[0回]

書評

感想

メモ←今ここ

 というわけで続くで感想というのもおこがましい読書メモ。
民話の世界 松谷みよ子 講談社現代新書

拍手[0回]

 HOME | 1  2  3  4  5  6 
Admin / Write
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4 5
6 7 8 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
フリーエリア
三塚章の最近読んだ本
フリーエリア

最近の投稿(イラスト)
powered by ピアプロ
フリーエリア
blogram投票ボタン
最新コメント
[10/17 遠藤敬之]
[10/17 三塚章]
[10/17 遠藤敬之]
[04/05 かぼんぬ]
[01/03 hime]
バーコード
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
三塚章
性別:
非公開
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]