忍者ブログ
日々あったことを徒然なるままに
というわけでワクテカしながらビル内に。例によって500円払って音声ガイドを借りました。ナレーションは加賀丈史。
内容は大きく分けて「肖像画」「宗教画」「風景画」「静物画」に分かれてます。なんと、ここから入っちゃダメよvの手すりがなく、床に目印のテープが貼っているだけで、結構近くで見ることができました。(大丈夫か……どこかの国でこういう形式の美術館でよろけて絵に手ついて破った奴がいたとかいうニュースを見た気がする)

ふええ、ルノワール、モネ、ゴッホ、ミレーと絵に詳しくない私でも知ってる絵がたくさん!印象派の作品が多かったかな。河の真中に浮いているような視点で描いた絵って、当然想像で描いたんでしょうが違和感まったくないこの凄さ。
実物は描きなおした手の跡がうっすら残ってたり(アナログTVのゴースト現象みたいwww)筆のあとが見えたり(ゴッホの絵って指で塗ってんの?ってくらいボコボコしてたよ)細かい所がわかるから面白いですね。
照明の位置考えて欲しい絵もあったなあ。ガラスに光が反射してよく見えないのもあった…… 一部だけども。
ていうか、こういう美術館行くと、『絵師さんはこれをどうやって見るのかなあ』って思います。ほら、モノカキしてるからだけど、私本読んだ時「ここの比喩うめぇぇぇ!」とか「体言止めで来るとはやるな?!」とか「ここでまさかの句読点」とかたまにマニアックに感心することあるんですよ。絵とかイラスト描く人もそういった風にみるのかと。「ここの線歪みすごい」とか「ここ構図誇張してるね」とか「この色の隣にこの色使ったか」みたいな……


絵を堪能したあとはミュージアムショップ……なのですが。ミュージアムショップって、なんであんなに高いんでしょうかね? 手鏡1700円て。買えネーヨ。そうそう。おもしろい化粧品がありましたよ。モネの絵を題材にしたアイシャドー。(絵に主に使われている色三色セット)買わなかったけどね。あと、ダリの絵のフィギュアとかあったw うん、買ったら変な夢とか見そうですv

結局買ったのはポストカード3枚。
10-06-12_007.jpg←アンソニー・ヴァン・ダイク『チャールズⅠ世の娘、メアリー王女』
残念画質でつぶれてますが、ドレスがパールブルー色でキレイなんだよう。

10-06-12_005.jpg
ジャン=バディスト=カミーユ・コロー『花輪を編む娘』→
なんかファンタジー小説の一シーンのようだ。森に迷い込んだ少年が出あった少女ですねわかります。で、恋に落ちるんだ間違いない。







10-06-12_006.jpg←カミーユ・ピサロ『エラニー=シュル=エプト、雪に映える朝日』
空気感が……

拍手[0回]

PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 HOME | 208  207  206  205  204  203  202  201  200  199  198 
Admin / Write
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 7 8 9
10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22 23
24 25 27 28 29 30
フリーエリア
フリーエリア
三塚章の最近読んだ本
フリーエリア

最近の投稿(イラスト)
powered by ピアプロ
フリーエリア
blogram投票ボタン
最新コメント
[10/17 遠藤敬之]
[10/17 三塚章]
[10/17 遠藤敬之]
[04/05 かぼんぬ]
[01/03 hime]
バーコード
最新トラックバック
プロフィール
HN:
三塚章
性別:
非公開
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]