忍者ブログ
日々あったことを徒然なるままに

異形アンソロジー 塔の物語 井上雅彦編  角川ホラー文庫

今回も書評というよりはただつらつらと感想書いてみた。
タロット好き人間として前から気になっていた本。買おうかなあ、と迷っているうちに近所の本屋になくなってしまったんですが、古本屋で見付けたので買ってみた。塔にまつわる短篇を集めたアンソロジー。全体的に物語自体はそんな凝った話はなかったけれど、描写がすごい作品が多かったっす。
 一番一番始めに収録されてる『塔』とか描写がきちんとしてないと「ふーん、そう、恐いね(棒読み)」で終わると思う。『摩天楼』なんてほとんど夢の塔の描写だけだもんなあ。私も昔はよく夢を見たので、夢の中で空を飛ぶ感じとか「ああ、そうそう、分かる」ってなった。
 個人的に『蝙蝠鐘楼』は物語の舞台ってだけで話にあんまり塔関係なくね? と思ったのは内緒。古典によくあるという、「ああ、もう、すぐ傍に奴らが!」みたいな文で日記(この作品では手紙)が終わる形式。「書いてるヒマがあるなら逃げろよ!」と思うのは私だけではあるまいて。
『ロンドン塔の判官』は中世ファンタジーっぽい雰囲気が個人的にツボ。『額から右の耳にかけて大きな火傷の跡』がある牢番頭のナイトガルでっせ、ナイトガル! 
『骸骨踊り』はアニメのショートムービーでありそうね。 
『蝿』うーん、こういう
   視覚的に見せる
    文章って、長編の胆の
    部分でちらっとやるから
     目を引くんであって短編で
    何回もやるのはうっとう
   しいと個人的には思うん
  ですけどどうですか。

 それにしても、このシリーズって21巻ちゃんと出ているのだろうか。太陽とか月とかならともかく、吊られた男ってテーマでアンソロの数を集めるのに苦労しそうだ。

続くに私信
705号機さん


705号機さん
アシェルキター!!
 わあああ!(*´д`*) ありがとうございます、ありがとうございますアシェルかっこいいです!!(←もう自分親ばかでいいや) このイラスト見てたとき、階下にお客さんが来てたのに、思わず歓声あげそうになりました。宝石取ってくれたり、目の色直してくれたり細かい所まで気使ってくれて嬉しかったです! 
それで、このイラスト、サイトに飾りたいんですが、いいでしょうかッ

拍手[0回]

PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
無題
ウワーッありがとうございます!!
飾って頂けるのむしろ嬉しいですありがとうございます!
宝石は最初付けていたのですが、やっぱり違うかな…という気がして外しましたw
705号機 2012/09/26(Wed)19:51 編集
 HOME | 572  571  570  569  568  567  566  565  564  563  562 
Admin / Write
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 6 8
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
フリーエリア
三塚章の最近読んだ本
フリーエリア

最近の投稿(イラスト)
powered by ピアプロ
フリーエリア
blogram投票ボタン
最新コメント
[10/17 遠藤敬之]
[10/17 三塚章]
[10/17 遠藤敬之]
[04/05 かぼんぬ]
[01/03 hime]
バーコード
最新トラックバック
プロフィール
HN:
三塚章
性別:
非公開
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]