忍者ブログ
日々あったことを徒然なるままに

今回の読書メモ。(もう書評と主張するのは諦めた)
真珠朗 横溝正史 扶桑社文庫
『』内アマゾンの商品説明より抜粋
『私、椎名耕助は、大学の同僚・乙骨三四郎とともに避暑を兼ねて信州へ旅行することになった。だが、N湖畔に立つ鵜藤家の一室を借りた私たちが、そこで恐るべき殺人事件に巻き込まれることになろうとは!』
一応ネタバレ防止のために続くに収納


主人公は金田一さんじゃないよ、椎名さんだよ。なんか怪しい老婆が「血の雨が降るぞ~」みたいな事を言ってくるのはもはや様式美ですな。それにしても、探偵役が途中から乙骨さんからチェンジするとか新しい、と思ったらそういうことですか……なんというか、舞台設定がうまい。蛍の飛び違う池にたたずむ美少年とか、殺人を目撃して火山の噴煙の中必死で建物に戻ったりとか……『ミストクローク』のときも思ったけど、舞台大事ね~
しかしネーミングセンスがすごいな。真珠朗に乙骨(おつこつ)って。
『蜘蛛と百合』のキャラが普通に現代でも受けそうね。容赦なく死ぬけど。

拍手[0回]

PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
 HOME | 865  864  863  862  861  860  859  858  857  856  855 
Admin / Write
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
フリーエリア
三塚章の最近読んだ本
フリーエリア

最近の投稿(イラスト)
powered by ピアプロ
フリーエリア
blogram投票ボタン
最新コメント
[10/17 遠藤敬之]
[10/17 三塚章]
[10/17 遠藤敬之]
[04/05 かぼんぬ]
[01/03 hime]
バーコード
最新トラックバック
プロフィール
HN:
三塚章
性別:
非公開
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]