忍者ブログ
日々あったことを徒然なるままに
※【】ないネタバレ反転
ウッピーのぷちほらー企画に『感染』『呪いにもにて』を投稿しました。本当はもっと投稿したいんだけど連投になっちゃうからね~ あと『小さなイタズラ』を投稿したいと思っているのですが、少し迷っていまして。上のリンクを見ていただければ分かるのですけど、オチとしては【犯人が子供】という奴でして。ちょっと無理があるかなと思ってはいるんです。実際そういう意見も頂いたし。というわけで別バージョン(続きにて)をつくってみたんですけど、どっちがいいですかね……
なんか【サイコな子供】というのもそれはそれでおいしい気がするし、別バージョンの方が懺悔室の設定を生かせている気もするし。もしこっちがいいんじゃない?という意見があれば教えてください。参考にさせていただきます。(必ずそうするとは言い切れませんが……)

続くで別バージョン。前半は同じなので後半のみ

 えっへん、と得意気な少女の声だった。

「それでね、火事を見ている男の子の肩を叩いてね。振り向いた所にガーゴイルのお面を見せたのよ。お母さんのことや、ボーボー燃える火のショックで、そうとう弱ってたのね。もとから心臓も弱かったみたいだし。『ヒッヒッ』ってしゃっくりして、倒れちゃった! そのまま死んじゃったみたい!」

「じゃあ、お、お前がすべて……一体なぜ……」

 思わず立ち上がった神父の太ももに、チクリと痛みが走った。

 ポケットからハンカチを取り出す。開いて見ると、短い針がハンカチに刺さっていた。その先端は、茶色に染まっている。

 視界が歪む。息が苦しい。

「私には、娘がいたのよ」

 ふいに、少女の言葉から抑揚がなくなった。今まで明るいしゃべり方をしていただけに、その落差が不気味だった。

 神父は倒れそうになった体を支えようと、震える腕を小窓に伸ばす。その勢いで短いカーテンが外れた。

 透かし彫りの向こうに、中年の女性が座っていた。端に隠しきれないシワがある唇から、気味が悪いほど不似合な、幼く、あどけない声が流れ出る。

「でも、殺されちゃった……首をしめられて。小さい女の子を殺すのが好きな男の人がやったんだって、皆言ってた。旦那さん(おとうさん)はあなたが犯人だって。でも、証拠がないって。だから、私がカタキを取ることにしたの」

 彼女の瞳に、目を見開き、口から泡をこぼす神父の姿が映っている。

「びっくりした? 私、自分の娘の声マネが得意だったの」

 冷ややかな視線を神父にむける女性の声は、懺悔をしたときの物より二十も歳をとっていた。これが彼女の地声なのだろう。

「もちろん、こんな事お父さんには言えないわ。私だけの内緒よ」

 そういうと、また彼女は声を幼いものに変えた。

「あなたも、あなたの家族も大嫌い。貴方たちが生きてるって思っただけでイライラしてたわ」

まさか、自分の罪がこんな形で裁かれるなんて。

神父の視界は真っ暗になり、ただ少女の声だけがにじんで聞こえていた。

「でも、私はちゃんと懺悔したし、あなたさえ死んだらもう同じ事はしないわ。神様は許してくれるわよね? だって、他でもないあなたがそう言ったんだもの」

拍手[0回]

PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
 HOME | 839  838  837  836  835  834  833  832  831  830  829 
Admin / Write
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
フリーエリア
三塚章の最近読んだ本
フリーエリア

最近の投稿(イラスト)
powered by ピアプロ
フリーエリア
blogram投票ボタン
最新コメント
[10/17 遠藤敬之]
[10/17 三塚章]
[10/17 遠藤敬之]
[04/05 かぼんぬ]
[01/03 hime]
バーコード
最新トラックバック
プロフィール
HN:
三塚章
性別:
非公開
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]