忍者ブログ
日々あったことを徒然なるままに

近所の図書館で、いらなくなった本をご自由にお持ち帰りくださいにしてたので、数冊いただいてきました。で、その中にメキシコの民話(新世界社 Gカサノバ他)というのがあるんですが、その一遍がおもしろかったので紹介してみる。
※話のあらすじはそのままに、あちこち省略、ちびっと改変。

 ある時、気の下にいるコヨーテが首を枝でしめつけられて、自分の不運を嘆いていた。すると、その声を聴いて鶏がやってきた。
「コヨーテさん、私がしかけた罠であなたと会うとはね。お前は私の妻である雌鶏をすべて殺してしまった。だから、お前を殺してやるよ」
「あなたは間違っておられます。だって、私はとても遠い国からやってきたところなんです。あなた方の事など知らない国からなんです。だから、私の責任ではありません」
「それじゃ、お前にとてもよく似たほかのコヨーテが妻を食べてたんだろう。自由にしてやるよ」
 そこで苦しんでいたコヨーテを出してやった。コヨーテは自由になったのを見ると、飛び上がって雄鶏を一口で食べてしまった。
 雄鶏は予想していたので、かみそりを取りコヨーテの腹に穴をあけ始めた。
 コヨーテは痛さのあまり、大地に転びまわり死んでしまった。そして、出てくるとき、雄鶏が言った。
「私の一族を知らない遠い所からやってきた者よ。私達を知った時は、命のなくなる時だよ」
 そして得意になって鶏小屋に帰っていった。

ニワトリ、かっけえええええ!
あれだよね。かみそり、羽に隠してあったよね。で、飲み込まれたときくちばしに持ち替えてザクッ! だよね。で、コヨーテの腹から出てきた後、血にまみれたカミソリ「ペッ」と吐き捨ててからの「私の一族を~」だよね。

 こそっと私信
 ハロウィンイラスト楽しませてもらってます!義希と愉快な仲間達による「第一回:サイトについて考える会議」ちょっと、いやかなり覗いてみたいんですけど……

拍手[0回]

PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
 HOME | 730  729  728  727  726  725  724  723  722  721  720 
Admin / Write
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
フリーエリア
三塚章の最近読んだ本
フリーエリア

最近の投稿(イラスト)
powered by ピアプロ
フリーエリア
blogram投票ボタン
最新コメント
[10/17 遠藤敬之]
[10/17 三塚章]
[10/17 遠藤敬之]
[04/05 かぼんぬ]
[01/03 hime]
バーコード
最新トラックバック
プロフィール
HN:
三塚章
性別:
非公開
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]