忍者ブログ
日々あったことを徒然なるままに
 ※【】内ネタバレのため反転
※手元に本無しで書いてるため、短編のタイトル違ってるかも

最近、心がうす汚れ気味なので洗濯しようとO・ヘンリーの短編集を読んでみた。有名な最後の一葉(最後に残ったあの葉が落ちたら私の命は…… って奴)と賢者の贈物【奥さんが髪を売って旦那さんの懐中時計用の鎖を、旦那さんが時計を売って櫛を買う】も収録されている事だし、さぞかし心が洗われ…… って、ちょwヘンリーさんっ!って感じ。正統派いい話だけでなく、ナンテコッタイ!と突っ込みを入れたくなるような皮肉の利いたバッドエンドあり、そういうことか、とニヤリできる物もあり。こりゃ、人間好きの人じゃないと書けないわな。
いやあ、ミス・マーサのパンは最後の一葉と賢者の贈物と一緒に他の本で読んだけど、何度読んでも泣けるわ……(トホホ的な意味で) 
『十月と六月』とか『意中の女』とか文章ならではのトリックv
短編集だし、初心者向けかな、と思ったけどオチは書いてある8割もとに10まで察してねvという形式の物が数本あった(『靴』)とか)から、ある程度読解力必要かもなぁ…… あと語り手が普通に顔をだす語り口。(ここで少し考察をしてみたい、みたいな感じの)好き嫌い分かれるかも。

個人的お気に入り短編 
『心と手』
『千ドル』
『甦った改心』
『水車のある教会』

以下ぐだぐだ感想文
●最後の一葉。読む前に【前読んだとき、冷たい夜の雨の中、老人が細いハシゴと小さな明かりだけを頼りに壁に絵を書く描写が印象的だったなあ】と思ったのだけれど、改めて読んでみたらそんな描写一っつも無かった件について。どうやら、脳内再現映像を実際読んだモノと勘違いしたらしい。
●物語は前に前に! ですねわかりました。


拍手[0回]

PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 HOME | 234  233  232  231  230  229  228  227  226  225  224 
Admin / Write
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
フリーエリア
三塚章の最近読んだ本
フリーエリア

最近の投稿(イラスト)
powered by ピアプロ
フリーエリア
blogram投票ボタン
最新コメント
[10/17 遠藤敬之]
[10/17 三塚章]
[10/17 遠藤敬之]
[04/05 かぼんぬ]
[01/03 hime]
バーコード
最新トラックバック
プロフィール
HN:
三塚章
性別:
非公開
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]