忍者ブログ
日々あったことを徒然なるままに
どうも。サイトマスターで、絵師さん方が自分のイラストのメイキングを公開する、というのをやってまして。文字書きだからこういう企画できないよー、とスネていたらリンク仲間の紫月さに「アイディアの練り方とかプロットの作り方に興味がある」と嬉しい言葉をいただきまして。さっそくやってみました。
例があった方がわかりやすいかな? と思ったので忍題でありがたくも高評価をいただいた「戸板」のメイキングを追記に晒してみます。
※かなり赤裸々に書いてます。キャラ崩壊ならぬストーリー崩壊がいやな方はご遠慮ください。


 忍題で705号機さんが出してくれた御題は『和』。この時点で舞台は「一昔前の日本」に決定。
で、その当時KAITOに芥川龍之介の河童をモチーフにした歌をカバーさせていた(こんなの)ので、河童が頭から離れず、河童ネタに決定(ひでえ…… あ、本家の歌のリンクは説明文に貼ってあるので気になった人はどうぞ)
で、河童で連想する物を適当に並べてみました。

皿 甲羅 緑 いたずら すもう 軟膏(いたずら河童が捕まって、助けてもらう代わりに秘伝の薬を人間に渡したという伝承から)

で、本能的にその中で軟膏がピンときたので
「昔の日本で、河童が軟膏使って誰かを助ける話」と言うストーリーに決定。

では、河童君は誰に軟膏を使うのか? パッと思いついたのは
『親、兄弟、友人、恋人』といった所でしょうか。
「怪我したの? 薬あげる~」「ありがと~」
上のネタどう思う? とっても……普通……です。だめだ、文字通りお話になりません。Orz (いや、描写とイメージがキレイならこういう素直なストーリーでも作品になるかも知れませんが、私には無理)
じゃあ、というわけでくるっと逆転させてみました。発想を逆転させるんだ!と逆転裁判の成歩堂氏も言っていたし。
『親のカタキ、恋ガタキ、敵(戦争等)、邪魔な奴、嫌いな奴』 に貴重な薬をあげる。
ふむ。これなら結構物語になりそうだ…… では、なんでわざわざこの河童は嫌いな奴に薬をあげることになったのか? と考えた時に、「恋がたきっきゃねええええ!」と思いました。
ヒ ロインと恋敵が両想いで、 かつヒロインの幸福>自分 という価値観を主人公が持っているのなら、恋敵に薬をあげるというシチュエーションも不自然じゃな い。と言うかむしろ河童には恋敵への嫉妬とか憎しみとかうんぬんじゃなくてただただヒロインの幸せだけを願っていていただきたい……
というわけで
「河童が、ヒロインの幸せのために恋敵に軟膏を送る話」で最終決定。
あとは登場人物の名前やら口調やらを決めてノートに下書き→色々書き足しつつパソコンに打ち直し
といった所でしょうか。

なんか酷く大ざっぱな書き方だし、なぜ戸板なのか?も書いてないし毎度毎度このやり方でお話を作っているわけではありませんがなんかの参考になったりならなかったりしたら幸いです……


拍手[1回]

PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 HOME | 256  255  254  253  252  251  250  249  248  247  246 
Admin / Write
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 6 8
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
フリーエリア
三塚章の最近読んだ本
フリーエリア

最近の投稿(イラスト)
powered by ピアプロ
フリーエリア
blogram投票ボタン
最新コメント
[10/17 遠藤敬之]
[10/17 三塚章]
[10/17 遠藤敬之]
[04/05 かぼんぬ]
[01/03 hime]
バーコード
最新トラックバック
プロフィール
HN:
三塚章
性別:
非公開
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]